看護功績賞を受賞しました

ニュース

2020年12月14日

令和2年9月10日(木)兵庫県公館において、いなみ訪問看護ステーションの巽真樹氏が「令和2年度兵庫県看護功績賞」を受賞しました。
この賞は、看護業務の向上を図ることを目的に、保健師、助産師、看護師、准看護師で看護業務又は保健指導業務に特に貢献した者に対し、兵庫県から贈られる賞です。

昭和42年に制定され、今回で54回目を迎え、受賞者は延べ1,206名となる賞です。

今年度は25名の方が表彰されました。

 

【受賞コメント】
長年私を支えてくださった職場の同僚の方々や家族の助力があったからこその受賞だと思っています。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

私は訪問看護がない時代に保健所実習で在宅看護に心惹かれ、いつかは在宅で看護がしたいと思い、病院で11年、施設で4年の経験を経て訪問看護の道に進みました。

訪問看護師になって18年、利用者さんが病という荷を背負いながら目標とするところを目指す上で安心して前に進んでいけるよう道しるべのような存在であることをモットーに続けてきました。これからも利用者さんご家族にとって道しるべとなれるよう努力してまいります。

令和2年度授賞式にて 令和2年度授賞式にて